17A1010101
実務に役立つ契約知識の基本─ビジネスシリーズ①─ 契約と契約書のイロハ(よこはま福祉・保健カレッジ)

開講済

講座概要

講座番号 17A1010101
期間 2017年6月14日 ~ 2017年6月21日
回数 2回
曜日
時間 19:00~21:00
定員 30名  ※先着順に受け付け、定員に達し次第締め切ります。
受講料 10,000円 8,000円
申込期間 2017年3月1日 ~ 2017年6月13日
※申込期間後も定員に余裕がある場合は、受け付けますのでお問い合わせください。
キャンパス KUポートスクエア
ガイダンス日程 こちらをご覧ください>>
協力 資格の学校TAC
教材 TAC オリジナル教材

※ 受講料には、教材費(一部の講座を除く)及び消費税が含まれます。
※ 受講者区分 一般の方:一般の方 神奈川大学生・卒業生等および協議会加盟大学在学生神奈川大学生・卒業生等および協議会加盟大学在学生
※ 受講者区分が 一般の方で、前年度、生涯学習・エクステンション講座の受講歴(一部講座除く)がある方は、受講料を5%割り引きます。

※ 開講日程や時間は、講師の緊急な都合などにより変更する場合があります。
※ 定員に満たない場合は、開講できないことがあります。

内容

売買契約、業務提携、業務委託…日々のビジネス活動に“契約”はつきまとうものです。ではこの“契約”行為には、逐一契約書が必要なのでしょうか?
答えは「NO」です。契約は文書にしなくても、当事者間の合意があれば成立するのが原則です。契約書の趣旨は当事者間の合意に間違いがない事を確認する覚書のようなものです。では何故契約書というものが存在し、その重要性が問われているのでしょうか?
当講座では、契約の仕組みと共に、契約書の重要ポイントの解説を行います。

講座日程

開講月日 内容
第1回 2017/06/14 1.日々の活動と法律の関係
■法律の類型とは
■日々の活動に係る様々な法律
2.契約行為
■民法上の契約の捉え方
■契約の種類とは?
第2回 2017/06/21 3.契約書のイロハ
■契約と契約書の関係
■契約書の意味と目的
■印鑑、サイン(署名捺印&記名捺印、実印&認印 等)
■印紙税と契約
4.民法以外の周辺法令
■個人情報保護法
■独占禁止法
■著作権法

講師紹介

堀 義広

資格の学校TAC
現在TACにて、「公認会計士講座」「行政書士講座」「宅地建物取引士講座」の「民法」の講義を担当。
行政書士 宅地建物取引士

※講師については都合により変更する場合があります

開講済

<<講座一覧に戻る