17B1501101
キーワードで探る名画 人間と絵画編

開講済

講座概要

講座番号 17B1501101
期間 2017年10月19日 ~ 2017年12月14日
回数 5回
曜日
時間 10:00~12:00
定員 30名  ※先着順に受け付け、定員に達し次第締め切ります。
受講料 16,000円 13,000円
申込期間 2017年9月1日 ~ 2017年10月17日
※申込期間後も定員に余裕がある場合は、受け付けますのでお問い合わせください。
キャンパス KUポートスクエア
ガイダンス日程 こちらをご覧ください>>
教材 オリジナルレジュメ配布

※ 受講料には、教材費(一部の講座を除く)及び消費税が含まれます。
※ 受講者区分 一般の方:一般の方 神奈川大学生・卒業生等および協議会加盟大学在学生神奈川大学生・卒業生等および協議会加盟大学在学生
※ 受講者区分が 一般の方で、前年度、生涯学習・エクステンション講座の受講歴(一部講座除く)がある方は、受講料を5%割り引きます。

※ 開講日程や時間は、講師の緊急な都合などにより変更する場合があります。
※ 定員に満たない場合は、開講できないことがあります。

内容

展覧会で作品鑑賞をするとき、作品を観るより先に解説文を読んでいませんか? また、作品の歴史的背景や作家の人生などの資料を通じて作品を観ていませんか? 文字情報は美術鑑賞にとても大切ですが、一方で自分自身の感想を持つことを忘れてしまいがちです。この講座では、まず自分がどう感じ、どう思ったかを大切にして鑑賞をするために、身近なキーワードと絵画をつなげ、そこから作品を味わいます。

ポイント

◆「人間と絵画」と題して、人間にまつわる5つのキーワードを設定
◆キーワードと絵画をつなげ、自由に感じるオリジナルな鑑賞を学ぶ講座
◆どう感じるかを優先し、次に作品や作家を知り、深く鑑賞することが狙い
◆今回のテーマ「人間」というフィルターを通して作品を観る

講座日程

開講月日 内容
第1回 2017/10/19 身体と絵画
絵画に描かれた「人間」はどのようなポーズをしているのでしょう。手や足や胴体で作家は何を描こうとしたのでしょう。西洋で大切にされたヌード作品を中心に、しぐさのメッセージを読み取ってみましょう。
第2回 2017/11/02 命と絵画
「人間」を描いた絵画には同時に「命」が描きこまれています。また死を描くことで「命」を描いた絵画もあります。さまざまに表現された「命」を見つけ、それらが何を訴えているのか考えてみましょう。
第3回 2017/11/16 家族と絵画
聖家族や権力者たちの家族の肖像は絵画の主要なテーマでした。また、画家たちはプライベート作品として妻や子供を描きました。身近な「人間」である家族の描かれ方で、その作品の背景を考えてみましょう。
第4回 2017/11/30 ファッションと絵画
「人間」は時代とともに衣服を変化させ、ファッションを産んできました。絵画に描かれたファッションを観察し、なぜその衣装を着ているのか、どうして流行したのかを知り鑑賞のヒントとしましょう。
第5回 2017/12/14 信仰と絵画
「人間」のさまざまな信仰は多様な美術を産みました。また、その信仰を広めるため美術は活躍したのです。信じるため、信じさせるため、美術は何をしたのか、どのような美術が選ばれたのかを考えましょう。

講師紹介

中村 宏美

美術Academy&School
講師・アートナビゲーター
1982年帝人(株)入社、1988年(株)中村デザインスタジオ設立。2008年美術検定1級に合格し、アートナビゲーターとして活動を始める。現在、美術Academy&School の講師。国立西洋美術館の解説ボランティアや繊研新聞のアートコラムも担当。美術鑑賞の手引きをするとともに、ファッション業界での経験を生かし、西洋美術&ファッショントークに挑戦中。

※講師については都合により変更する場合があります

開講済

<<講座一覧に戻る