17B1611901
神奈川大学日本常民文化研究所主催講座
ブラジル日系人の歴史と民俗  

開講中止

講座概要

講座番号 17B1611901
期間 2017年11月24日 ~ 2017年12月22日
回数 5回
曜日
時間 16:00~17:30
定員 30名  ※先着順に受け付け、定員に達し次第締め切ります。
受講料 8,000円 7,200円
申込期間 2017年9月1日 ~ 2017年11月10日
※申込期間後も定員に余裕がある場合は、受け付けますのでお問い合わせください。
キャンパス KUポートスクエア

※ 受講料には、教材費(一部の講座を除く)及び消費税が含まれます。
※ 受講者区分 一般の方:一般の方 神奈川大学生・卒業生等および協議会加盟大学在学生神奈川大学生・卒業生等および協議会加盟大学在学生
※ 受講者区分が 一般の方で、前年度、生涯学習・エクステンション講座の受講歴(一部講座除く)がある方は、受講料を5%割り引きます。

※ 開講日程や時間は、講師の緊急な都合などにより変更する場合があります。
※ 定員に満たない場合は、開講できないことがあります。

内容

ブラジルへの日本人移民は1908 年に始まり、現在では、合衆国に次いで大きい62 万人規模の日系人社会が形成されている。日本常民文化研究所ではこれまで日本と東アジアの民俗文化および民衆史の研究を蓄積してきたが、そこで培った研究視角と手法をもって南米日系人へと研究対象の拡張を試みている。本講座は、所員が現在進行中の共同調査「ブラジル日本人入植地の歴史民俗学的研究」の一端を一般に紹介する機会として、村落形成史、建築様式、海外移民史、沖縄系移民独特の文化およびそのマルチローカルなネットワークについて報告し、海外に定着していった日本人の足跡をたずね、日本文化の継承と現地での変容をみてみたい。

講座日程

開講月日 内容
第1回 2017/11/24 イグアペ入植地の今昔【泉水 英計】
第2回 2017/12/01 レジストロ日系移民建築【内田 青蔵】
第3回 2017/12/08 アリアンサの移民史【森 武麿】
第4回 2017/12/15 沖縄移民の歴史・文化・アイデンティティ【森 幸一】
第5回 2017/12/22 サンパウロの沖縄文化【小熊 誠】

講師紹介

泉水 英計

神奈川大学経営学部教授、神奈川大学日本常民文化研究所所員

内田 青蔵

神奈川大学工学部教授、神奈川大学日本常民文化研究所所員

森 武麿

神奈川大学名誉教授、神奈川大学日本常民文化研究所客員研究員

森 幸一

サンパウロ大学教授、神奈川大学日本常民文化研究所客員研究員

小熊 誠

神奈川大学大学院歴史民俗資料学研究科教授
1954 年生まれ。横浜市出身。1985 年筑波大学大学院博士課程歴史・人類学研究科単位取得修了。編著に『〈境界〉を越える沖縄』(森話社)2016年。論文に「“間”の民俗―養子制度から沖縄の門中を再検討する」(『歴史と民俗』30、2014 年)、「民俗と沖縄戦―沖縄の人びとの生活と普天間基地」(『神奈川大学評論』82、2015 年)、「『つながり』を創る沖縄の系譜」(『東アジア世界の民俗』アジア遊学215、勉誠社、2017 年)など。

※講師については都合により変更する場合があります

開講中止

<<講座一覧に戻る