17B1614401
エッセイの書き方  

受講申込

講座概要

講座番号 17B1614401
期間 2017年10月26日 ~ 2017年11月30日
回数 5回
曜日
時間 18:30~20:00
定員 30名  ※先着順に受け付け、定員に達し次第締め切ります。
受講料 10,000円 9,000円
申込期間 2017年9月1日 ~ 2017年10月25日
※申込期間後も定員に余裕がある場合は、受け付けますのでお問い合わせください。
キャンパス KUポートスクエア

※ 受講料には、教材費(一部の講座を除く)及び消費税が含まれます。
※ 受講者区分 一般の方:一般の方 神奈川大学生・卒業生等および協議会加盟大学在学生神奈川大学生・卒業生等および協議会加盟大学在学生
※ 受講者区分が 一般の方で、前年度、生涯学習・エクステンション講座の受講歴(一部講座除く)がある方は、受講料を5%割り引きます。

※ 開講日程や時間は、講師の緊急な都合などにより変更する場合があります。
※ 定員に満たない場合は、開講できないことがあります。

内容

砂漠の砂に水がしみこむように、優れたエッセイは読む人の心にしみいってきます。そんなエッセイを読むのは楽しいことですが、自分で書いてみると、もっと楽しくなります。
ハーバード大学やケンブリッジ大学は、なぜあれほどエッセイを重視するのでしょうか。それはおそらく、文章の基礎を身につけるのに、エッセイほどよい教材は他にないからでしょう。エッセイは文章に必要な要素を網羅しています。その人の成熟度、深さ、目的意識、思考の明快さ、ユーモアのセンス、リーダーシップ、自信、知性、細部への注意力、プロ意識、そういったことすべてを表現します。
そんなエッセイの最大の魅力とは何でしょうか。自分の思いを言葉にし、読者がそれに少しでも感動してくれる。人の心を動かし、その人の幸せに少しでも力添えすることができる。そんな何かを成し遂げたという充実感がエッセイにはあります。
本講座は、受講者が自らペンを取り、5 回の講座を通してエッセイを書き上げる実践講座です。決して難しくはありません。文章が持つ奥深さとすばらしさを体感していただけたら幸いです。

講座日程

開講月日 内容
第1回 2017/10/26 自分だけのテーマを見つけよう。話題とブレインストーミング。
第2回 2017/11/02 人を引きつける文と引きつけない文の違いは何か。
第3回 2017/11/09 書き方の技法。段落、はじめにの書き方。
第4回 2017/11/16 生きてきたからこそ書ける。おわりにと自分史。
第5回 2017/11/30 一生忘れない印象を与える。推敲、物語の力。

講師紹介

竹下 正哲(冴桐由)

小説家、拓殖大学国際学部准教授
日本には、体系だった「創造力の養い方」「文章の書き方」が存在しないことに疑問を抱き、独自で探求を続けている。最近は、古代より伝わる物語の型 ― 神話の型 ― を活用することにより、楽しみながら名作をしあげる手法に重きをおいている。主な著書に『最後の歌』(第15 回太宰治賞受賞、筑摩書房)、『彼女にとって必要なもの ぼくにとって大切なこと』(筑摩書房)、「〈論理〉ではない、〈物語〉による問題解決力」(『アリーナ』Vol.13、風媒社)。

※講師については都合により変更する場合があります

受講申込

<<講座一覧に戻る