18A1610701
グローバル化の中の世界と日本 われわれはどう生きるべきか?

開講済

講座概要

講座番号 18A1610701
期間 2018年5月22日 ~ 2018年5月29日
回数 3回
曜日
時間 10:30~12:00
定員 30名  ※先着順に受け付け、定員に達し次第締め切ります。
受講料 5,000円 4,500円
申込期間 2018年3月1日 ~ 2018年5月21日
※申込期間後も定員に余裕がある場合は、受け付けますのでお問い合わせください。
キャンパス KUポートスクエア
備考 5/22(火)【第1回】10:30-12:00 【第2回】13:00-14:30
※1回目と2回目を同日に行いますのでご注意ください

※ 受講料には、教材費(一部の講座を除く)及び消費税が含まれます。
※ 受講者区分 一般の方:一般の方 神奈川大学生・卒業生等および協議会加盟大学在学生神奈川大学生・卒業生等および協議会加盟大学在学生
※ 受講者区分が 一般の方で、前年度、生涯学習・エクステンション講座の受講歴(一部講座除く)がある方は、受講料を5%割り引きます。

※ 開講日程や時間は、講師の緊急な都合などにより変更する場合があります。
※ 定員に満たない場合は、開講できないことがあります。

内容

21 世紀に入り、世界は、またアジアは、著しい変化を迎えている。この講座では、グローバル化時代の世界と日本、特にアジアに位置する日本が、今後どう生きていくべきかを、3 回の講座をとおして、世界の変容の中から考え直そうとするものである。第1 回は、「アジアの平和と繁栄をどう作るか?―地域交流の重要性」として、不安定化するアジア情勢の中での日本のありかたを考える。第2 回は、「知の時代、アジアのネットワーク、若者・高齢者のリーダーシップをどう育成するか?」と題し、新しい「知の時代」に、これまでとは異なるネットワーク形成を考える。第3回は、「東北災害を超えてーチェルノブイリ、福島、北朝鮮―復興と繁栄に向けて―われわれはどう生きるべきか?」として、現在まで続く原発被害と、北朝鮮をめぐる核の脅威に、地域・市民・女性が平和と繁栄をどうつくるべきかを、皆さんと共に考える。

講座日程

開講月日 内容
第1回 2018/05/22 「アジアの平和と繁栄をどう作るか?―地域交流の重要性」【10:30-12:00】
21 世紀、グローバル化の中で新しい大きな変化が起こっている。それは先進国の停滞とアジアの急速な発展、及び緊張関係の激化である。日本の境界線も、北方領土、尖閣、竹島、北朝鮮と不安定化している。そうした中で、政府だけに頼り待つのではなく、アジアの地域の再編と交流、市民・女性の交流をどう作っていくかを、国際政治、地域協力、市民交流の立場から考える。
第2回 2018/05/22 「知の時代、アジアのネットワーク、若者・高齢者のリーダーシップをどう育成するか?」【13:00-14:30】
21 世紀は、「知の時代」といわれる。にもかかわらず日本はとくに若者たちも内向き志向で、高齢者にも新しい指針が示されていない。アジアの時代、我々は、知のリーダーシップをどう作っていくかを、EU やハーバード大学などに学びつつ、アジアのネットワーク形成、若者・高齢者の知のリーダーシップ形成と国際化を、神奈川大学から、横浜から世界へ、アジアへの知の発信、アクティブ・ラーニング、ポジティブ・チャレンジとして考える。
第3回 2018/05/29 「東北災害を超えてーチェルノブイリ、福島、北朝鮮―復興と繁栄に向けて―われわれはどう生きるべきか?」【10:30-12:00】
3.11、東北災害と福島原発は、底知れない恐怖を、日本人だけでなく世界に及ぼした。ハーバード大学からは大量の研究者が院生を引き連れて東北・福島を訪れ、世界最大の原発アーカイブズを作っている。チェルノブイリは30年たってもいまだに放射能被害を残しており、東北災害から7年たつが、抜本的解決には至っていない。そうした中、北朝鮮の核ミサイルが爆発する危険性が東アジア全体を覆っている。地域と市民の平和と安全、アジアの平和と繁栄のために、今何をなすべきかを、中国・韓国・ロシア・北朝鮮近隣国の国際情勢を分析する中で、欧州統合に学びつつ考える。

講師紹介

羽場 久美子

青山学院大学国際政治経済学部教授
国際関係学博士、津田塾大学大学院博士課程修了。ハーバード大学、ロンドン大学、パリ大学客員研究員。専門は国際政治学、欧州の分断と統合、ナショナリズムとデモクラシー。世界国際関係学会(ISA)副会長、国際フォーラム参与、東アジア共同体評議会副議長。著書に『ヨーロッパの分断と統合』(中央公論新社)、『グローバル時代のアジア地域統合』(岩波書店)、『EU を知る63 章』、『アジアの地域統合を考えるー戦争をさけるために』(2 冊明石書店)ほか多数。

※講師については都合により変更する場合があります

開講済

<<講座一覧に戻る