18A1610901
「近代」について考える  

電話のみ受付

講座概要

講座番号 18A1610901
期間 2018年6月22日 ~ 2018年7月20日
回数 5回
曜日
時間 13:00~14:30
定員 30名  ※先着順に受け付け、定員に達し次第締め切ります。
受講料 8,000円 7,200円
申込期間 2018年3月1日 ~ 2018年6月21日
※申込期間後も定員に余裕がある場合は、受け付けますのでお問い合わせください。
キャンパス KUポートスクエア
教材 ※教材費は受講料に含まれません。購入等については講座開始前にご案内します。

※ 受講料には、教材費(一部の講座を除く)及び消費税が含まれます。
※ 受講者区分 一般の方:一般の方 神奈川大学生・卒業生等および協議会加盟大学在学生神奈川大学生・卒業生等および協議会加盟大学在学生
※ 受講者区分が 一般の方で、前年度、生涯学習・エクステンション講座の受講歴(一部講座除く)がある方は、受講料を5%割り引きます。

※ 開講日程や時間は、講師の緊急な都合などにより変更する場合があります。
※ 定員に満たない場合は、開講できないことがあります。

内容

今回の講座は「近代」について考えてみます。モダンという言葉は、18 世紀以降を意味する言葉ですが、近代とは私達の世界を形作る合理的な世界のことです。しかし過去の人類の歴史をふりかえると、合理的社会が始まったのはつい最近のことであることに気づきます。特徴的なできごとはフランス革命と、産業革命でしょう。この二つの革命が近代をつくりあげたのですが、それは我々にプラスばかりをもたらしたのではありません。多くのマイナスももたらしています。それについて考えてみましょう。

講座日程

開講月日 内容
第1回 2018/06/22 近代とは何か―歴史の区分け、歴史の解釈、近代合理主義
第2回 2018/06/29 産業革命と近代資本主義―技術、資本、階級
第3回 2018/07/06 フランス革命と近代―政治、教育、啓蒙思想
第4回 2018/07/13 絶対王政と近代システム―官僚、中央集権、自由と平等
第5回 2018/07/20 帝国主義とグローバリズム―オリエンタリズム、資本の文明化作用、グローバリズム

講師紹介

的場 昭弘

神奈川大学教授
1952 年生まれ。慶応義塾大学大学院経済学研究科博士課程修了。経済学博士。専門は社会思想史、とりわけマルクス。主要著書に『一週間de 資本論』『21 世紀から見る「資本論」』(以上、NHK 出版)、『超訳「資本論」』(全三巻、祥伝社新書)、『マルクスだったらこう考える』『ネオ共産主義論』(以上、光文社新書)、『とっさのマルクス』(幻冬舎)、『新訳 共産党宣言』(作品社)、『革命再考』(角川新書)など。

※講師については都合により変更する場合があります

電話のみ受付

<<講座一覧に戻る