18A2610703
神奈川大学日本常民文化研究所による古文書講読講座 (後期) 自ら読み解く力を身につけ、古文書の伝える歴史の世界を味わう

開講済

講座概要

講座番号 18A2610703
期間 2018年9月28日 ~ 2018年12月14日
回数 10回
曜日
時間 18:00~19:30
定員 50名  ※先着順に受け付け、定員に達し次第締め切ります。
受講料 25,000円 22,500円
申込期間 2018年3月1日 ~ 2018年9月27日
※申込期間後も定員に余裕がある場合は、受け付けますのでお問い合わせください。
キャンパス 横浜キャンパス
備考 ◎講座に関する詳細はこちらから⇒神奈川大学日本常民文化研究所

※ 受講料には、教材費(一部の講座を除く)及び消費税が含まれます。
※ 受講者区分 一般の方:一般の方 神奈川大学生・卒業生等および協議会加盟大学在学生神奈川大学生・卒業生等および協議会加盟大学在学生
※ 受講者区分が 一般の方で、前年度、生涯学習・エクステンション講座の受講歴(一部講座除く)がある方は、受講料を5%割り引きます。

※ 開講日程や時間は、講師の緊急な都合などにより変更する場合があります。
※ 定員に満たない場合は、開講できないことがあります。

内容

日本は世界有数の「古文書大国」です。とくに江戸時代の古文書は膨大で、武士の支配、庶民の暮らし、文化・信仰など、いろいろなことを伝えています。「くずし字」が読めれば、ご先祖さまの声を聴くことができるかも知れません。
講座のテキストには、身近な江戸時代の古文書のほか、貴重な鎌倉・室町時代の古文書も取り上げます。ご一緒に「くずし字」にチャレンジしてみましょう!

ポイント

◆基礎コース・応用コース 希望を考慮したコース編成で初心者も安心。ベテラン講師陣が指導します。
◆古文書研究会 毎週水曜(14:40 ~ 16:10)開講の石井先生特別クラス(京都の勅願書寺院の古記録などを講読)。基礎コース受講者は参加自由。力がつきます。
◆史料翻刻事業 常民文化研究所による史料翻刻事業にご協力ください(刊行した史料集には参加者名を掲載)。応用コース受講者(希望者)は参加可能。
◆『神大古文書研究』 年1冊刊行の研究誌(最新刊は第5号)。受講者は論文・史料紹介・歴史コラムなどを発表できます。研究成果を活字にしましょう。

講座日程

開講月日 内容
第1回 2018/09/28
第2回 2018/10/05
第3回 2018/10/12
第4回 2018/10/19
第5回 2018/11/09
第6回 2018/11/16
第7回 2018/11/23
第8回 2018/11/30
第9回 2018/12/07
第10回 2018/12/14

講師紹介

石井 日出男

神奈川大学経営学部講師
■専門分野:文書学、経済史、日本近世・近代史

関口 博巨

神奈川大学外国語学部准教授
■専門分野:日本近世史

越智 信也

神奈川大学日本常民文化研究所職員
■専門分野:日本中世史

川鍋 定男

神奈川大学外国語学部講師
■専門分野:近世農村史

鈴木 江津子

神奈川大学日本常民文化研究所特別研究員
■専門分野:日本中世史

田上 繁

神奈川大学名誉教授
■専門分野:日本近世経済史

※講師については都合により変更する場合があります

開講済

<<講座一覧に戻る