18B1501201
くらべて楽しむアート鑑賞~美術の役割をみる~ 同じ時代の西洋美術と日本美術をくらべてみよう

受講申込

講座概要

講座番号 18B1501201
期間 2019年1月17日 ~ 2019年3月14日
回数 3回
曜日
時間 10:00~12:00
定員 30名  ※先着順に受け付け、定員に達し次第締め切ります。
受講料 10,000円 8,000円
申込期間 2018年9月1日 ~ 2019年1月16日
※申込期間後も定員に余裕がある場合は、受け付けますのでお問い合わせください。
キャンパス KUポートスクエア
ガイダンス日程 こちらをご覧ください>>
教材 オリジナルレジュメ

※ 受講料には、教材費(一部の講座を除く)及び消費税が含まれます。
※ 受講者区分 一般の方:一般の方 神奈川大学生・卒業生等および協議会加盟大学在学生神奈川大学生・卒業生等および協議会加盟大学在学生
※ 受講者区分が 一般の方で、前年度、生涯学習・エクステンション講座の受講歴(一部講座除く)がある方は、受講料を5%割り引きます。

※ 開講日程や時間は、講師の緊急な都合などにより変更する場合があります。
※ 定員に満たない場合は、開講できないことがあります。

内容

ヨーロッパと日本。それぞれの地域で美術が花を開いていました。西洋は西洋、日本は日本と別々に捉えられがちなアートの世界ですが、「同時代」を切り取り、それぞれがどのような作品を残してきたかをくらべみることで、さらに美術鑑賞が楽しいものになっていきます。そして、歴史的背景や風俗的背景などに思いを馳せてみることで、作品見ることから広がるさまざまな楽しみ方を知ることができます。

ポイント

◆西洋と日本の同時代の美術をあえて比較する事で見えてくるものに着目
◆今回は、政治や宗教、権力と「美術」との関連性が特徴的な時代を比較
◆ユーラシア大陸の西と東で異なる事、実は似ているものを発見する旅
◆アートの楽しむ切り口を増やし、その醍醐味を知る。

講座日程

開講月日 内容
第1回 2019/01/17 宗教美術による統治の始まり「ビザンティン美術と仏教美術」
第2回 2019/02/14 美術の規範が登場「ルネサンスと狩野派・土佐派」
第3回 2019/03/14 帝国主義下の絵画「印象主義を受け継ぐ絵画と明治維新後の美術」

講師紹介

中村 宏美

美術Academy&School
アートナビゲーター
1982年帝人(株)入社、1988年(株)中村デザインスタジオ設立。
2008年美術検定1級に合格し、アートナビゲーターとして活動を始める。現在、美術Academy&School の講師。国立西洋美術館の解説ボランティアや繊研新聞のアートコラムも担当。美術鑑賞の手引きをするとともに、ファッション業界での経験を生かし、西洋美術&ファッショントークに挑戦中。

※講師については都合により変更する場合があります

受講申込

<<講座一覧に戻る