18B1612501
『源氏物語』を読む  

開講済

講座概要

講座番号 18B1612501
期間 2018年11月14日 ~ 2019年3月13日
回数 8回
曜日
時間 10:30~12:00
定員 50名  ※先着順に受け付け、定員に達し次第締め切ります。
受講料 12,500円 11,200円
申込期間 2018年9月1日 ~ 2018年11月13日
※申込期間後も定員に余裕がある場合は、受け付けますのでお問い合わせください。
キャンパス KUポートスクエア

※ 受講料には、教材費(一部の講座を除く)及び消費税が含まれます。
※ 受講者区分 一般の方:一般の方 神奈川大学生・卒業生等および協議会加盟大学在学生神奈川大学生・卒業生等および協議会加盟大学在学生
※ 受講者区分が 一般の方で、前年度、生涯学習・エクステンション講座の受講歴(一部講座除く)がある方は、受講料を5%割り引きます。

※ 開講日程や時間は、講師の緊急な都合などにより変更する場合があります。
※ 定員に満たない場合は、開講できないことがあります。

内容

楽しく、分りやすく、『源氏物語』を原文(現代語訳付き)で読み進んでいく講座です。『源氏物語』の理解に必要な事柄……作者・紫式部の人生、時代背景、人物造型、写本など、講師が様々な角度から丁寧に解説いたします。初めて『源氏物語』を読む方でも、また今回から参加する方でも大丈夫なように、配慮いたします。
『源氏物語』は、四代の帝、70 余年にわたる雄大な構想の下に描かれています。登場人物や事件には、モデルがあったのでしょうか。同じ名称で呼ばれる人が何人も出てきますが、どうやって区別するのでしょう。その他、様々な疑問に応えるため、歴史的な事柄や当時の生活習慣なども、詳しく解説いたします。藤原道長などの歴史上の人物との関係、モデル問題、住居、服飾、仕事、官職、政治……。
『源氏物語』をめぐる問題には、興味の尽きないものがあります。光源氏と女君達の織りなす、王朝の雅と人生を、ご一緒に探求していきましょう。

講座日程

開講月日 内容
第1回 2018/11/14 「少女」 ― ④
子息・夕霧の教育を厳しくしようとする光源氏は、二条東院で、夕霧の字をつける儀式を行います。
第2回 2018/11/28 「少女」 ― ⑤
夕霧は三条の大宮の屋敷を離れ、二条東院で勉学に励みました。
第3回 2018/12/12 「少女」 ― ⑥
夕霧は見事、寮試に合格して、擬文章生(ぎもんじょうのしょう)となりました。
第4回 2019/01/09 「少女」 ― ⑦
六条御息所の娘で、光源氏の養女の梅壺女御が、弘徽殿女御を超えて中宮(皇后)になりました。
第5回 2019/01/23 「少女」 ― ⑧
内大臣(昔の頭中将)の娘の雲居雁は、大宮の屋敷で育てられていました。
第6回 2019/02/06 「少女」 ― ⑨
夕霧と雲居雁は、互いに恋心を抱き合っていました。
第7回 2019/02/20 「少女」 ― ⑩
内大臣は女房のうわさ話を立ち聞きして、夕霧と雲居雁の仲を知ってしまいます。
第8回 2019/03/13 「少女」 ― ⑪
雲居雁を東宮に入内させようと思っていた内大臣は衝撃を受け、雲居雁を自邸に引き取ってしまいます。

講師紹介

宇留田 初実

聖徳大学児童学部講師
青山学院大学大学院博士課程単位取得満期退学。2003 年より現職。専門は日本文学(平安時代)、幼児言語学、国語教育。詩人(2003 年コスモス文学新人賞受賞)。朗読家。著書に『情報と表現――日本語の表現と技法』(共著、双文社出版)。

※講師については都合により変更する場合があります

開講済

<<講座一覧に戻る