19A1600100
連続講演会
「人生100年時代の知的生き方――ジェロントロジーと日本社会」  

開講済

講座概要

講座番号 19A1600100
期間 2019年5月18日 ~ 2019年8月31日
回数 5回
曜日
時間 13:00~14:30
定員 60名  ※先着順に受け付け、定員に達し次第締め切ります。
受講料 10,000円 9,000円
申込期間 2019年3月1日 ~ 2019年5月17日
※申込期間後も定員に余裕がある場合は、受け付けますのでお問い合わせください。
キャンパス KUポートスクエア
備考 この講座は5回コースですが1回ずつのお申し込みが可能です。
ご希望の日程を選び、以下よりお申し込みください。
1回の受講料は2,000円となります。

※5月18日(土) 働くとはどういうことか―ILO 創設百周年を機に【西谷 修】
※6月8日(土) 持続可能な都市―ジェロントロジー的視点から【山家 京子】
※7月20日(土) 誰も取り残されない社会の実現を目指して:SDGs と科学技術の未来【上村 大輔】
※8月3日(土) 「祖父母の春」と現代家族―フランスと日本【丸山 茂】
※8月31日(土) AI・VR・ロボットが拓く人生100 年時代の未来【檜山 敦】

※ 受講料には、教材費(一部の講座を除く)及び消費税が含まれます。
※ 受講者区分 一般の方:一般の方 神奈川大学生・卒業生等および協議会加盟大学在学生神奈川大学生・卒業生等および協議会加盟大学在学生
※ 受講者区分が 一般の方で、前年度、生涯学習・エクステンション講座の受講歴(一部講座除く)がある方は、受講料を5%割り引きます。

※ 開講日程や時間は、講師の緊急な都合などにより変更する場合があります。
※ 定員に満たない場合は、開講できないことがあります。

内容

日本社会は、少子高齢化と同時に進む、これまで経験のない社会に向かっています。ジェロントロジー(高齢社会工学)は、そんな人生100 年時代の知的生き方を考える新しい視座を与えてくれます。本講座は、SDGs(持続可能な開発目標)を背景にジェロントロジーという考え方から人生100 年時代を広く展望します。
■連続講演会は、毎学期、共通するテーマのもと、各界の一線で活躍する講師を招いて開催しています。

講座日程

開講月日 内容
第1回 2019/05/18 働くとはどういうことか―ILO 創設百周年を機に【西谷 修】
第2回 2019/06/08 持続可能な都市―ジェロントロジー的視点から【山家 京子】
第3回 2019/07/20 誰も取り残されない社会の実現を目指して:SDGs と科学技術の未来【上村 大輔】
第4回 2019/08/03 「祖父母の春」と現代家族―フランスと日本【丸山 茂】
第5回 2019/08/31 AI・VR・ロボットが拓く人生100 年時代の未来【檜山 敦】

講師紹介

西谷 修

東京外国語大学名誉教授
1950 年愛知県生まれ。東京大学法学部卒業後、東京都立大学フランス文学科修士課程修了、パリ第8 大学で学ぶ。フランス文学・思想の研究をベースに、戦争論、世界史論、医療思想史など、グローバル化した世界の人間の存在条件に関係する諸問題に取り組む。明治学院大学教授、東京外国語大学大学院教授、立教大学大学院文学研究科教授を歴任。著書に『不死のワンダーランド』(青土社)、『世界史の臨界』(岩波書店)、『〈テロル〉との戦争』(以文社)、『理性の探究』(岩波書店)、『アフター・フクシマ・クロニクル』(ぷねうま舎)、『夜の鼓動にふれる』(ちくま学芸文庫)、『戦争とは何だろうか』(ちくまプリマー新書)、対談集『いま「非戦」を掲げる』(青土社)などがある。

山家 京子

神奈川大学工学部教授
1959 年大阪府生まれ。京都工芸繊維大学工芸学部卒業、東京大学大学院工学研究科博士課程修了、博士(工学)。(株)大林組設計部、東京大学生産技術研究所助手を経て、1997 年神奈川大学専任講師として着任、2006 年より現職。専門は都市計画、まちづくり。内閣府・環境未来都市推進委員会委員、横浜市・地域まちづくり推進委員会副委員長など歴任。著書に『アジアのまち再生』(彰国社)、『空間学事典【増補改訂版】』(井上書院)、『建築空間計画』(彰国社)、『建築・都市計画のための調査・分析方法【改訂版】』(井上書院)など。

上村 大輔

神奈川大学特別招聘教授、名古屋大学名誉教授
名古屋大学大学院理学研究科博士課程単位取得満期退学。理学博士(名古屋大学)。同大学、静岡大学、慶応義塾大学、神奈川大学理学部教授を経て、2016 年より現職。海洋天然物化学研究の第一人者。フグ毒より強い猛毒パリトキシンや、クロイソカイメンに含まれる抗がん剤ハリコンドリンB を発見し、医薬品として活用できることを報告している。天然医薬リード探索研究所所長。受賞歴に、日本化学会進歩章(1977)、日本化学会賞(2006)、紫綬褒章(2009)、瑞宝中綬章(2018)。

丸山 茂

神奈川大学名誉教授、弁護士
九州大学大学院法学研究科民事法学専攻博士課程満期退学。専門は、民法、家族法(親族・相続)、フランス法社会学(エコールノルマル・ド・カション客員研究員)。弁護士。著書に『家族のレギュラシオン』(御茶の水書房)、『家族のメタファー』(早稲田大学出版部)、共著に『家族のオートノミー』(早稲田大学出版部)、『父―家族概念の再検討に向けて』(早稲田大学出版部)、『AERA Mook 家族学のみかた』(朝日新聞社)、『家族へのまなざし』慶応大学経済学部編(弘文堂)など多数。共訳書 ピエール・ブルデュー『結婚戦略― 家族と階級の再生産』(藤原書店)。

檜山 敦

東京大学先端科学技術研究センター講師
東京大学大学院 工学系研究科 先端学際工学専攻 博士課程修了。博士(工学)。複合現実感、ヒューマンインタフェース、ロボティクスをはじめ、超高齢社会が直面する諸課題に情報科学的にアプローチする研究に取り組んでいる。東京大学IRT 研究機構 特任助教、同大学院 情報理工学系研究科 特任講師を経て、現職。2017 年4 月より理化学研究所 革新知能統合研究センター 身体知伝達技術チーム チームリーダーを兼務。Laval Virtual Trophy、IFIP Accessibility Award など各賞を受賞。著書に『超高齢社会2.0 クラウド時代の働き方革命』(平凡社新書)などがある。

※講師については都合により変更する場合があります

開講済

<<講座一覧に戻る