19A1600104
連続講演会
「人生100年時代の知的生き方―ジェロントロジーと日本社会」4 「祖父母の春」と現代家族―フランスと日本

開講済

講座概要

講座番号 19A1600104
期間 2019年8月3日
回数 1回
曜日
時間 13:00~14:30
定員 60名  ※先着順に受け付け、定員に達し次第締め切ります。
受講料 2,000円 2,000円
申込期間 2019年3月1日 ~ 2019年8月2日
※申込期間後も定員に余裕がある場合は、受け付けますのでお問い合わせください。
キャンパス KUポートスクエア
備考 この講座は5回コースの第4回目です。
連続で受講される場合は、以下よりお申し込みください。
受講料は全5回で10,000円となっております。
連続講演会「人生100年時代の知的生き方――ジェロントロジーと日本社会」

※ 受講料には、教材費(一部の講座を除く)及び消費税が含まれます。
※ 受講者区分 一般の方:一般の方 神奈川大学生・卒業生等および協議会加盟大学在学生神奈川大学生・卒業生等および協議会加盟大学在学生
※ 開講日程や時間は、講師の緊急な都合などにより変更する場合があります。
※ 定員に満たない場合は、開講できないことがあります。

内容

日本社会は、少子高齢化と同時に進む、これまで経験のない社会に向かっています。ジェロントロジー(高齢社会工学)は、そんな人生100 年時代の知的生き方を考える新しい視座を与えてくれます。本講座は、SDGs(持続可能な開発目標)を背景にジェロントロジーという考え方から人生100 年時代を広く展望します。
■連続講演会は、毎学期、共通するテーマのもと、各界の一線で活躍する講師を招いて開催しています。

講座日程

開講月日 内容
第1回 2019/08/03 「祖父母の春」と現代家族―フランスと日本

講師紹介

丸山 茂

神奈川大学名誉教授、弁護士
九州大学大学院法学研究科民事法学専攻博士課程満期退学。専門は、民法、家族法(親族・相続)、フランス法社会学(エコールノルマル・ド・カション客員研究員)。弁護士。著書に『家族のレギュラシオン』(御茶の水書房)、『家族のメタファー』(早稲田大学出版部)、共著に『家族のオートノミー』(早稲田大学出版部)、『父―家族概念の再検討に向けて』(早稲田大学出版部)、『AERA Mook 家族学のみかた』(朝日新聞社)、『家族へのまなざし』慶応大学経済学部編(弘文堂)など多数。共訳書 ピエール・ブルデュー『結婚戦略― 家族と階級の再生産』(藤原書店)。

※講師については都合により変更する場合があります

開講済

<<講座一覧に戻る