19A1611601
事件・事故で振り返る「平成」 この30 年をどう位置づけるのか

電話のみ受付

講座概要

講座番号 19A1611601
期間 2019年5月22日 ~ 2019年7月17日
回数 5回
曜日
時間 13:00~14:30
定員 30名  ※先着順に受け付け、定員に達し次第締め切ります。
受講料 8,000円 7,200円
申込期間 2019年3月1日 ~ 2019年5月21日
※申込期間後も定員に余裕がある場合は、受け付けますのでお問い合わせください。
キャンパス KUポートスクエア

※ 受講料には、教材費(一部の講座を除く)及び消費税が含まれます。
※ 受講者区分 一般の方:一般の方 神奈川大学生・卒業生等および協議会加盟大学在学生神奈川大学生・卒業生等および協議会加盟大学在学生
※ 受講者区分が 一般の方で、前年度、生涯学習・エクステンション講座の受講歴(一部講座除く)がある方は、受講料を5%割り引きます。

※ 開講日程や時間は、講師の緊急な都合などにより変更する場合があります。
※ 定員に満たない場合は、開講できないことがあります。

内容

平成という時代が終わろうとしています。大きな戦争があった昭和の時代と比較すると、比較的穏やかな時代だったように思われるかもしれませんが、平成時代にも大きな事件・事故がありました。
「平成という時代はこういう時代だった」というように歴史というものは誰かが一方的に決めるものではありません。この平成の30 年間に起きた大きな事件・事故について、今一度記憶を呼び起こし、自分にとっての平成がどのような意味を持つのか、それぞれの参加者が歴史を組み立てる主体であることを意識しながら、改めて振り返り、共に考えてみたいと思います。現在の社会における自分の立ち位置を確認することは、次の時代をどう生きるかを考えるうえで大事な意味を持つと思います。
本講座では、「オレオレ詐欺」「秋葉原無差別殺人事件」「阪神淡路大震災とサリン事件」「9.11航空機テロ事件」「東日本大震災と福島原発事故」など、大きな事件・事故を題材に平成を振り返ります。

講座日程

開講月日 内容
第1回 2019/05/22 平成16(04)年情報化社会の犯罪:オレオレ詐欺
第2回 2019/06/05 平成20(08)年秋葉原無差別殺人事件:「相手は誰でもよかった」殺人事件
第3回 2019/06/19 平成7(95)年阪神淡路大地震とサリン事件(松本・地下鉄)
第4回 2019/07/03 平成13(01)年米国9.11 事件:航空機テロ事件と炭疽菌事件
第5回 2019/07/17 平成23(11)年3.11:東日本大震災と福島原発事故(地震予知神話と原子力安全神話の崩壊)

講師紹介

常石 敬一

神奈川大学名誉教授
1943 年東京都生まれ。1966 年、東京都立大学理学部物理学科卒業。専門は科学史。『消えた細菌戦部隊』(海鳴社、81 年)から『医学者たちの組織犯罪』(朝日新聞社、94 年)のころまでは満州 731 部隊について調べていた。地下鉄サリン事件(95 年)以降、『毒』(講談社、99 年)、『毒物の魔力』(講談社+α新書、2001年)、『謀略のクロスロード 帝銀事件捜査と731 部隊』(日本評論社、02 年)、『化学兵器犯罪』(講談社、03 年)までは化学兵器および毒物について考えた。21 世紀に入り、STS(科学・技術・社会)のケーススタディとして『原発とプルトニウム』(PHP 新書、10 年)、『結核と日本人』(岩波書店、11 年)、『日本の原子力時代』(岩波書店、15 年)、『3.11 が破壊したふたつの神話』(神奈川大学評論ブックレット、15 年)などで科学技術と人間との関係を考えてきた。

※講師については都合により変更する場合があります

電話のみ受付

<<講座一覧に戻る