19A1611701
外人墓地の船乗りたちが見た幕末・明治の日本 横浜・神戸・長崎・箱館の墓地に眠る船員たち

開講済

講座概要

講座番号 19A1611701
期間 2019年5月14日 ~ 2019年6月18日
回数 5回
曜日
時間 13:00~14:30
定員 30名  ※先着順に受け付け、定員に達し次第締め切ります。
受講料 8,000円 7,200円
申込期間 2019年3月1日 ~ 2019年5月13日
※申込期間後も定員に余裕がある場合は、受け付けますのでお問い合わせください。
キャンパス KUポートスクエア

※ 受講料には、教材費(一部の講座を除く)及び消費税が含まれます。
※ 受講者区分 一般の方:一般の方 神奈川大学生・卒業生等および協議会加盟大学在学生神奈川大学生・卒業生等および協議会加盟大学在学生
※ 受講者区分が 一般の方で、前年度、生涯学習・エクステンション講座の受講歴(一部講座除く)がある方は、受講料を5%割り引きます。

※ 開講日程や時間は、講師の緊急な都合などにより変更する場合があります。
※ 定員に満たない場合は、開講できないことがあります。

内容

1859 年に横浜が開港して以来、布教に燃える宣教師や一旗揚げようとする商人など多くの外国人が来日し、何らかの事情で在日中に亡くなられた方々が横浜・神戸・長崎・箱館の外国人墓地に葬られています。その中にはもちろん宣教師や修道女、それにいわゆるお雇い外国人など日本の文化や政治に大きな影響を与えた人々も含まれていましたが、その他に外国船に乗り組んで開港場に寄港している最中に亡くなった外国人船員たちも多かったのです。この講座では、各地の外人墓地の様々な図像を見ながら、幕末・明治日本を取り巻くグローバル化した海運網の拡大に思いを馳せましょう。

講座日程

開講月日 内容
第1回 2019/05/14 幕末・明治日本を取り巻く外国海運と外国人船員
第2回 2019/05/21 横浜外人墓地と船員たちの海
第3回 2019/05/28 神戸外人墓地と船員たちの海
第4回 2019/06/04 長崎外人墓地と船員たちの海
第5回 2019/06/18 箱館外人墓地と船員たちの海

講師紹介

藤村 是清

神奈川大学・放送大学等元非常勤講師
1946 年生まれ。専門は移動・移民研究。明治大学法学部(特待生)中退。横浜の造船所で電気溶接工として14 年間勤めたのち勉学を再開、神奈川大学夜間経済学部卒業(全学総代)、英国大学院に留学し1991 年MA 取得(ケント大学)。主要論考に「還流的労働移動の社会的条件」(『近代世界の歴史像』世界書院)、「華僑送出4 港の旅客統計分析に基づく中国人移民サイクルの再検討」(前後篇、『華僑華人研究』9︲10 号)、動画「高橋是清ジェイコブ・シフ 2 人が描いた理想の国際関係」解説(動画サイト「ひらめきと感動の世界」)、「華僑送出港の旅客統計にみる移民サイクル」(『華僑華人の事典』丸善出版)、「描かれた外輪船と太平洋認識――聖徳記念絵画館所蔵岩倉大使出立図によせて」(『神奈川大学アジア・レビュー』vol.5)、「移民サイクル再考」(『商経論叢』53︲4)。他の論文は〈国立国会図書館サーチ→藤村是清〉。

※講師については都合により変更する場合があります

開講済

<<講座一覧に戻る