19A1202301
日本語教育能力検定 傾向と対策 合格の水準と対策方法を知ることが、合格への第一歩

受講申込

講座概要

講座番号 19A1202301
期間 2019年6月2日
回数 1回
曜日
時間 13:00~17:00
定員 30名  ※先着順に受け付け、定員に達し次第締め切ります。
受講料 6,000円 5,400円
申込期間 2019年3月1日 ~ 2019年6月1日
※申込期間後も定員に余裕がある場合は、受け付けますのでお問い合わせください。
キャンパス KUポートスクエア
ガイダンス日程 こちらをご覧ください>>
講座レベル 2019 年度受験予定者(すでに勉強された方/ 再受験される方向け)
教材 ●受講生持ち物 2018 年度日本教育能力検定試験冊子(Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ)
※ 2018 年度日本教育能力検定試験冊子をお持ちでない方は、『平成30 年度日本語教育能力検定試験試験問題』(凡人社)を各自購入の上、ご持参下さい。

※ 受講料には、教材費(一部の講座を除く)及び消費税が含まれます。
※ 受講者区分 一般の方:一般の方 神奈川大学生・卒業生等および協議会加盟大学在学生神奈川大学生・卒業生等および協議会加盟大学在学生
※ 受講者区分が 一般の方で、前年度、生涯学習・エクステンション講座の受講歴(一部講座除く)がある方は、受講料を5%割り引きます。

※ 開講日程や時間は、講師の緊急な都合などにより変更する場合があります。
※ 定員に満たない場合は、開講できないことがあります。

内容

日本語教育能力検定は、適切な試験対策を行えば合格する確率の高い検定です。しかし、効果的な学習を行うことができずに、多くの方が本試験で失敗しています。範囲が広い試験ですが、中心となるのは「音声・語彙・文法」です。6 月下旬の試験出願の前に、検定指導30 年のプロが伝授する「日本語教育能力検定 傾向と対策」講座を受講することで合格に一歩近づきます。

ポイント

◆「わかる」レベルでは受からない。「できる」レベルになることが重要
◆時間との戦いも必要。その場で考えるような知識量では間に合わない
◆大事な「音声・語彙・文法」から逃げていてはいつまでも受からない
◆暗記ばかりでなく、楽しく知識を結びつけていくことが一番「力」になる

講座日程

開講月日 内容
第1回 2019/06/02 日本語教育能力検定 傾向と対策

講師紹介

泉 均

一般社団法人言語デザイン研究所
2010年より現職(代表理事)で日本語学校の校長も兼務。日本語教育能力検定試験の受験指導歴30年で、大学、養成講座など数多く出講している。明快な授業で、毎年多数の合格者を輩出している。

※講師については都合により変更する場合があります

受講申込

<<講座一覧に戻る