19A1502202
死の体験旅行(R)(9月開催) 死を前にした人の苦しみ・悲しみを疑似体験し、何が本当に大切なものなのかを再確認する

電話のみ受付

講座概要

講座番号 19A1502202
期間 2019年9月26日
回数 1回
曜日
時間 18:30~20:30
定員 20名  ※先着順に受け付け、定員に達し次第締め切ります。
受講料 4,000円 3,600円
申込期間 2019年3月1日 ~ 2019年9月12日
※申込期間後も定員に余裕がある場合は、受け付けますのでお問い合わせください。
キャンパス KUポートスクエア
ガイダンス日程 こちらをご覧ください>>
備考 ※この講座は、割引制度(5%)の対象外です。
教材 なし(筆記用具をお持ちください)

※ 受講料には、教材費(一部の講座を除く)及び消費税が含まれます。
※ 受講者区分 一般の方:一般の方 神奈川大学生・卒業生等および協議会加盟大学在学生神奈川大学生・卒業生等および協議会加盟大学在学生
※ 開講日程や時間は、講師の緊急な都合などにより変更する場合があります。
※ 定員に満たない場合は、開講できないことがあります。

内容

「死の体験旅行(R)」は、ホスピスなどで死に関わる仕事を持つ方に死にゆく人の気持ちを少しでも理解してもらおうと、欧米で作成されたと言われているプログラムです。患者が体験する喪失感・苦しみ・悲しみを疑似体験することは、深い悲嘆を抱えた患者や家族と接する際に役立つとともに、本当の自分と向き合う大切な時間にもなります。自分にとって「生と死」とは何か? 本当に大切にしていることは何か? 死の体験旅行を通して考えていきます。
※内容の性質上、遅刻の場合はご参加できませんのでご了承ください。

ポイント

◆実際に欧米のホスピスで行われているプログラムを一般向けにアレンジ
◆自分が病にかかり、病気が進行し、やがていのちを終えていく物語を追体験する
◆ストーリーに沿って、カードに記入した「大切なもの」を、自ら選んで手放していく
◆死の疑似体験を通じて、自分にとって何が本当に大切なものなのかを再確認できる

講座日程

開講月日 内容
第1回 2019/09/26 ■死の体験旅行とは ■ワークショップ ■グループシェア ■全体シェア

講師紹介

浦上 哲也

なごみ庵 住職/ファシリテーター
一般家庭に生まれ、縁あって僧侶となり、横浜市神奈川区で「小さなお寺 なごみ庵」を開く。舞台役者である妻とともに、寺院向け芝居『金子みすゞ いのちへのまなざし』や『恵信尼ものがたり』の公演で全国を巡る。2013年よりワークショップ「死の体験旅行」を開催。3000人以上が受講している。

※講師については都合により変更する場合があります

電話のみ受付

<<講座一覧に戻る