19B1600105
連続講演会
「アートの魅力」――芸術から「世界」を見る 「私」を見つめる 5 社会における芸術の役割――兵庫県豊岡市の挑戦【平田 オリザ】

受講申込

講座概要

講座番号 19B1600105
期間 2020年2月15日
回数 1回
曜日
時間 13:00~14:30
定員 60名  ※先着順に受け付け、定員に達し次第締め切ります。
受講料 2,000円 2,000円
申込期間 2019年9月3日 ~ 2020年2月14日
※申込期間後も定員に余裕がある場合は、受け付けますのでお問い合わせください。
キャンパス KUポートスクエア
備考 この講座は5回コースの第5回目です。
連続で受講される場合は、以下よりお申し込みください。
受講料は全5回で10,000円となっております。
連続講演会「アートの魅力」――芸術から「世界」を見る 「私」を見つめる

※ 受講料には、教材費(一部の講座を除く)及び消費税が含まれます。
※ 受講者区分 一般の方:一般の方 神奈川大学生・卒業生等および協議会加盟大学在学生神奈川大学生・卒業生等および協議会加盟大学在学生
※ 開講日程や時間は、講師の緊急な都合などにより変更する場合があります。
※ 定員に満たない場合は、開講できないことがあります。

内容

アートは、長い歴史のなかで、その時代をとりまく「世界」を見るとともに、「私」を見つめて表現してきました。21 世紀という、AI、IoT 等テクノロジーのイノベーションなど、大きく時代が変化する社会のなかで、アートは何を映しているのでしょうか。本講演会は、「芸術」から「世界」を見る 「私」を見つめる」をテーマに、さまざまなアートの魅力をともに考えます。
■連続講演会は、毎学期、共通するテーマのもと、各界の一線で活躍する講師を招いて開催しています。

講座日程

開講月日 内容
第1回 2020/02/15 社会における芸術の役割——兵庫県豊岡市の挑戦

講師紹介

平田 オリザ

劇作家・演出家、大阪大学COデザインセンター特任教授
1962 年東京生まれ。国際基督教大学卒業。在学中に戯曲を執筆し、1982 年劇団「青年団」を結成。こまばアゴラ劇場を拠点に国内外で幅広く活動。1995 年『東京ノート』で岸田戯曲賞、1997 年『月の岬』で第5回読売演劇大賞優秀演出家賞、2002 年日韓国民交流記念事 業『その河をこえて、五月』が第2回朝日舞台芸術賞グランプリ受賞。主な戯曲に『ソウル市民』『S 高原から』『別れの唄』他。著書に『演劇入門』『演技と演出』(講談社新書)、『対話のレッスン』(小学館)、『芸術立国論』(集英社新書)他。また2002 年度に掲載された国語教科書により、氏のワークショップの方法論が採用され、年間で30 万人以上の子供たちが教室で演劇を創るようになっている。

※講師については都合により変更する場合があります

受講申込

<<講座一覧に戻る