19B1610501
こころと脳の心理学
錯視・錯覚の世界への誘い 光と色のイリュージョン

受講申込

講座概要

講座番号 19B1610501
期間 2020年3月14日 ~ 2020年3月28日
回数 3回
曜日
時間 10:30~12:00
定員 30名  ※先着順に受け付け、定員に達し次第締め切ります。
受講料 5,000円 4,500円
申込期間 2019年9月3日 ~ 2020年3月13日
※申込期間後も定員に余裕がある場合は、受け付けますのでお問い合わせください。
キャンパス KUポートスクエア
教材 ※材料費実費(数百円程度)が必要な場合は、講座内でお知らせします。

※ 受講料には、教材費(一部の講座を除く)及び消費税が含まれます。
※ 受講者区分 一般の方:一般の方 神奈川大学生・卒業生等および協議会加盟大学在学生神奈川大学生・卒業生等および協議会加盟大学在学生
※ 受講者区分が 一般の方で、前年度、生涯学習・エクステンション講座の受講歴(一部講座除く)がある方は、受講料を5%割り引きます。

※ 開講日程や時間は、講師の緊急な都合などにより変更する場合があります。
※ 定員に満たない場合は、開講できないことがあります。

内容

この世はすべてイリュージョン
あなたがどんなに注意深く見ていても、「いつでもあなたは騙されている」ということに気づいていますか?
騙されていることに気づくことは、なかなか楽しいものです。
いろいろな発見があるからです。
この講座では、光と色のイリュージョンを取り上げます。
夕暮れどきに物が見えにくいのはなぜでしょう? 薄暗いところでは青い花が、赤い花より鮮やかに目立って見えることに気づいたことがありますか?
明暗の区別、赤・黄・青信号の色の識別などは、日常茶飯事ですが、あらためて考えると不思議がいっぱい!
見て楽しみ、なぜ? どうして? と考えてみましょう。
実験で確かめたり、錯視をつくる体験もしてみましょう。
なお、光と色以外のイリュージョン(形、空間、重さなど)については、後に継続してシリーズ講座を開講する予定です。

講座日程

開講月日 内容
第1回 2020/03/14 人と光。 明暗は光の強さ(物理量)では決まらない。
では、明るい・暗いはなにで決まる?
白いコピー用紙と黒いラシャ紙の違いは?
第2回 2020/03/21 雪が炭より黒いこともあるか?
色づいて見える『物』には色がなく、色がないように感じている『光』の中に『色』があるってホント? では、イチゴが赤く見えるのは…?
第3回 2020/03/28 『色のない島』がある。色のない部屋で…。
色と照明光(演色性)。色の同化と対比。
色の見え方には「同化や対比」が影響。「色の恒常性」も働く。

講師紹介

和氣 洋美

神奈川大学名誉教授、NPO法人すくすくラボWINNS-生涯発達支援代表理事
千葉大学文理学部心理学専攻卒業、東京都立大学人文科学研究科心理学専攻博士課程満期退学。名古屋大学医学部大学院研究科眼科学教室研究生。医学博士(名古屋大学)。日本学術振興会奨励研究員、白鷗女子短期大学助教授を経て神奈川大学教授。神奈川大学セクシュアルハラスメント対策委員会委員長、神奈川大学学長補佐、神奈川大学人間科学部学部長、同大学院人間科学研究科委員長等歴任。神奈川大学プロジェクト研究所「視科学研究所」所長の後、平成31 年3 月末まで「神奈川大学マルチモーダル研究所」プロジェクト研究員。専門分野は知覚認知心理学、高齢者のQOL と環境整備、発達障害児の知覚認知発達支援、触覚による視覚代行。主要著書に『触覚の錯視』(錯視の科学ハンドブック、岩波書店)、『視覚の世界・触覚の世界』(脳から心へ、岩波書店)、『感覚遮断』(人間の許容限界ハンドブック、朝倉書店)、Rotating goblet and talking profiles.Perception、『トイレと心理学』(トイレ学大事典、柏書房)。

※講師については都合により変更する場合があります

受講申込

<<講座一覧に戻る