19B1614702
日本の中のインド文化  

受講申込

講座概要

講座番号 19B1614702
期間 2019年11月27日 ~ 2020年1月8日
回数 4回
曜日
時間 15:00~16:30
定員 30名  ※先着順に受け付け、定員に達し次第締め切ります。
受講料 6,500円 5,800円
申込期間 2019年9月3日 ~ 2019年11月26日
※申込期間後も定員に余裕がある場合は、受け付けますのでお問い合わせください。
キャンパス KUポートスクエア

※ 受講料には、教材費(一部の講座を除く)及び消費税が含まれます。
※ 受講者区分 一般の方:一般の方 神奈川大学生・卒業生等および協議会加盟大学在学生神奈川大学生・卒業生等および協議会加盟大学在学生
※ 受講者区分が 一般の方で、前年度、生涯学習・エクステンション講座の受講歴(一部講座除く)がある方は、受講料を5%割り引きます。

※ 開講日程や時間は、講師の緊急な都合などにより変更する場合があります。
※ 定員に満たない場合は、開講できないことがあります。

内容

インド発祥の仏教が日本に伝わり、日本人の生活の基盤となる文化的影響を与えてきました。インドにおける仏教の生起と発展について、また仏教の東漸と日本における変容について、本講ではやや詳しい解説がなされることになります。また、ヒンドゥー教などのインドの諸宗教との関係についても、本講において検討を試みてみましょう。
予備知識は、全く必要ありません。疑問点や難解な所があれば、その都度ご遠慮無く御質問ください。むしろそうした御質問に答えるかたちで、講座を進めてまいりたいと考えております。

講座日程

開講月日 内容
第1回 2019/11/27 インドの国土と言語と宗教
国土ないし風土、言語の構造と宗教について、日本とインドの相違点を整理して解説する。
第2回 2019/12/11 インド文明の曙
ヴェーダ聖典と日本の宗教について概説し、インドの宗教が日本の宗教観に与えた影響について解説する。
第3回 2019/12/25 仏教の起源と変容
インド古代史を概観し、仏教の起源を探るとともに、その変容について解説する。
第4回 2020/01/08 仏教の東漸、日本への伝来
インド発祥の仏教が、しだいに東へ展開した流れを概観し、日本への伝来においていかなる変容が見られるかを解説する。

講師紹介

土田 龍太郎

東京大学文学部名誉教授
インド文学専攻

※講師については都合により変更する場合があります

受講申込

<<講座一覧に戻る