19B1600104
連続講演会
「アートの魅力」――芸術から「世界」を見る 「私」を見つめる 4 言葉をはみ出すもの——絵画を語る作家たち【堀江 敏幸】

開講済

講座概要

講座番号 19B1600104
期間 2020年2月1日
回数 1回
曜日
時間 13:00~14:30
定員 60名  ※先着順に受け付け、定員に達し次第締め切ります。
受講料 2,000円 2,000円
申込期間 2019年9月3日 ~ 2020年1月31日
※申込期間後も定員に余裕がある場合は、受け付けますのでお問い合わせください。
キャンパス KUポートスクエア
備考 この講座は5回コースの第4回目です。
連続で受講される場合は、以下よりお申し込みください。
受講料は全5回で10,000円となっております。
連続講演会「アートの魅力」――芸術から「世界」を見る 「私」を見つめる

※ 受講料には、教材費(一部の講座を除く)及び消費税が含まれます。
※ 受講者区分 一般の方:一般の方 神奈川大学生・卒業生等および協議会加盟大学在学生神奈川大学生・卒業生等および協議会加盟大学在学生
※ 開講日程や時間は、講師の緊急な都合などにより変更する場合があります。
※ 定員に満たない場合は、開講できないことがあります。

内容

アートは、長い歴史のなかで、その時代をとりまく「世界」を見るとともに、「私」を見つめて表現してきました。21 世紀という、AI、IoT 等テクノロジーのイノベーションなど、大きく時代が変化する社会のなかで、アートは何を映しているのでしょうか。本講演会は、「芸術」から「世界」を見る 「私」を見つめる」をテーマに、さまざまなアートの魅力をともに考えます。
■連続講演会は、毎学期、共通するテーマのもと、各界の一線で活躍する講師を招いて開催しています。

講座日程

開講月日 内容
第1回 2020/02/01 言葉をはみ出すもの——絵画を語る作家たち

講師紹介

堀江 敏幸

早稲田大学教授、作家
1964 年岐阜県生まれ。1999 年『おぱらばん』で三島由紀夫賞、2001 年「熊の敷石」で芥川賞、2003 年「スタンス・ドット」で川端康成文学賞、2004 年同作収録の『雪沼とその周辺』で谷崎潤一郎賞、木山捷平文学賞、2006 年『河岸忘日抄』、2010 年『正弦曲線』で読売文学賞、2012 年『なずな』で伊藤整文学賞、2016 年『その姿の消し方』で野間文芸賞、ほか受賞多数。おもな著書に、『郊外へ』『いつか王子駅で』『めぐらし屋』『バン・マリーへの手紙』『アイロンと朝の詩人 回送電車III』『未見坂』『彼女のいる背表紙』『書かれる手』『燃焼のための習作』『音の糸』『曇天記』ほか多数。

※講師については都合により変更する場合があります

開講済

<<講座一覧に戻る