20B1600100
アジアの視点 その17【オンデマンド配信】  

開講済

講座概要

講座番号 20B1600100
期間 2020年10月2日 ~ 2020年10月23日
回数 4回
曜日
時間 12:00配信開始
定員 -  
受講料 6,500円 5,800円
申込期間 2020年9月7日 ~ 2020年10月2日
※申込期間後も定員に余裕がある場合は、受け付けますのでお問い合わせください。
キャンパス KUポートスクエア
備考 オンデマンド配信では事前に収録した講義を視聴出来ます。ライブ講座とは異なり、場所や時間を選ばず、自由に何回でも視聴出来ます。
※配信された動画は最終講座から1週間後に視聴出来なくなります。

ご受講にあたり下記のシステム環境が必要です。各自、環境の準備と確認をお願いします。
1.パソコン・スマートフォン・タブレットなどの端末
2.インターネット環境
3.マイク(内蔵または外付け) ※ライブ講座の場合
4.ウェブカメラ(内蔵または外付け)※ライブ講座の場合

◆オンライン講座受講方法および注意点◆
①KUポートスクエアのホームページ内にある「マイページへログインする」をクリック
②受講生番号とパスワードを入力
③受講するをクリックすると、「Zoom(ライブ配信)」または「動画の再生」が始まります(資料のダウンロードも出来ます)
※マイページに入るには受講生番号とパスワードが必要です。講座を受講される前にマイページに入れるかご確認をお願いします。受講生番号やパスワードをお忘れの場合はKUポートスクエアまでご連絡ください。

※【アジアの視点 その18】はこちら⇒ アジアの視点 その18

※ 受講料には、教材費(一部の講座を除く)及び消費税が含まれます。
※ 受講者区分 一般の方:一般の方 神奈川大学生・卒業生等および協議会加盟大学在学生神奈川大学生・卒業生等および協議会加盟大学在学生
※ 受講者区分が 一般の方で、前年度、生涯学習・エクステンション講座の受講歴(一部講座除く)がある方は、受講料を5%割り引きます。

※ 開講日程や時間は、講師の緊急な都合などにより変更する場合があります。
※ 定員に満たない場合は、開講できないことがあります。

内容

最近、日米中間の政治と経済問題に関する交渉は上手く進まなかったようである。これだけ世界秩序がグローバル化し、かつ相互依存関係が密接になると、国家相互間に協調するよりも対立する側面の方が目立つようになるであろう。その具体的な例が、ニューヨークで開かれた日・米間の貿易協議であり、非核化に関する米・朝間の実務者会談であった。しかし、我々は、これらの重大な出来事を、強靭な意思を持って肯定的な方向へ牽引する必要がある。20 世紀のドイツ哲人ハーバマスは、異なる社会と人間間に重要なことは、何よりも意思疎通である、と言っている。
この講座は、日本を中心軸にし、アジア諸国の政治・経済状況を“ 体系的に学ぶため” に企画された“ 連続講座” である。その目標を達成するために、講師陣は、それぞれの地域の政治・経済を専門とする研究者と実務家たちによって構成しており、アジアの政治・経済の実体と全体像を浮彫りにしようとするものである。全力を尽くし、一緒に学んでいきたい。

講座日程

開講月日 内容
第1回 2020/10/02 インドネシアの政治と海洋政策【川村 晃一】
第2回 2020/10/09 インドの政治【竹中 千春】
第3回 2020/10/16 日米同盟のバランスシートと今後の展望【道下 徳成】
第4回 2020/10/23 北朝鮮政治と経済【小牧 輝夫】

講師紹介

川村 晃一

独立行政法人 日本貿易振興機構(JETRO)アジア経済研究所学術情報センター主査

竹中 千春

立教大学法学部教授

道下 徳成

政策研究大学院大学副学長/教授

小牧 輝夫

アジア経済研究所名誉研究員、大阪経済法科大学アジア太平洋研究センター客員教授

※講師については都合により変更する場合があります

開講済

<<講座一覧に戻る