20B1603000
歌舞伎の見方――台詞のリズム 【オンデマンド配信】  

受講申込

講座概要

講座番号 20B1603000
期間 2021年1月15日 ~ 2021年1月22日
回数 2回
曜日
時間 12:00配信開始
定員 -  
受講料 3,500円 3,100円
申込期間 2020年9月7日 ~ 2020年12月23日
※申込期間後も定員に余裕がある場合は、受け付けますのでお問い合わせください。
キャンパス KUポートスクエア
備考 ※この講座は、割引制度(5%)の対象外です。

オンデマンド配信では事前に収録した講義を視聴出来ます。ライブ講座とは異なり、場所や時間を選ばず、自由に何回でも視聴出来ます。
※配信された動画は最終講座から1週間後に視聴出来なくなります。

ご受講にあたり下記のシステム環境が必要です。各自、環境の準備と確認をお願いします。
1.パソコン・スマートフォン・タブレットなどの端末
2.インターネット環境
3.マイク(内蔵または外付け) ※ライブ講座の場合
4.ウェブカメラ(内蔵または外付け)※ライブ講座の場合

◆オンライン講座受講方法および注意点◆
①KUポートスクエアのホームページ内にある「マイページへログインする」をクリック
②受講生番号とパスワードを入力
③受講するをクリックすると、「Zoom(ライブ配信)」または「動画の再生」が始まります。
(資料のダウンロードも出来ます。印刷等、ご自身のご都合に合わせてご利用ください。)
※マイページに入るには受講生番号とパスワードが必要です。講座を受講される前にマイページに入れるかご確認をお願いします。受講生番号やパスワードをお忘れの場合はKUポートスクエアまでご連絡ください。

※ 受講料には、教材費(一部の講座を除く)及び消費税が含まれます。
※ 受講者区分 一般の方:一般の方 神奈川大学生・卒業生等および協議会加盟大学在学生神奈川大学生・卒業生等および協議会加盟大学在学生
※ 開講日程や時間は、講師の緊急な都合などにより変更する場合があります。
※ 定員に満たない場合は、開講できないことがあります。

内容

芝居の世界では、良い役者の素養は「一声、二顔、三姿」と言われます。芝居の魅力のなかで一番大事なものは「声」、つまり台詞廻しです。台詞というものは役者がしゃべる生きた言葉ですから、こうしゃべらなくてはならないという規則があるものではありません。役者によっていろんなやり方があります。しかし、守らなければならないイメージは、厳然としてあります。歌舞伎の様式感覚は、そこから生まれるのです。今回は、オンラインでの限られた時間になりますが、歌舞伎を愉しむヒントとして、歌舞伎が持つ二つの重要な感情、1)急き立てる気分、2)揺れる気分が、台詞のリズムのなかにどのような形で現れるか、それらが分かるポイントを簡単にご紹介します。役者の台詞廻しの妙味が分れば、芝居がグッと面白くなって来ます。

講座日程

開講月日 内容
第1回 2021/01/15 歌舞伎の台詞の基本は二拍
第2回 2021/01/22 急き立てるリズムと揺れるリズム

講師紹介

山本 吉之助

歌舞伎研究家
1957年兵庫県神戸市生まれ。観劇歴四十数年。会社勤めの傍ら、伝統芸能、主として歌舞伎の研究・評論活動に従事し、歌舞伎講座を長年主催してきた。著書に『十八代目中村勘三郎の芸』。『女形の美学~たおやめぶりの戦略』、『武智鉄二 歌舞伎素人講釈』(編著)(以上アルファベータ・ブックス)

※講師については都合により変更する場合があります

受講申込

<<講座一覧に戻る