24A1600003
【開講決定】横浜みなとみらいホール館長 特別講演会【対面講座】※2/29 10:00よりインターネット申込開始講座 音楽と社会をつなぐ方法とは~インクルーシブアーツの可能性

受付終了

講座概要

講座番号 24A1600003
期間 2024年5月25日
回数 1回
曜日
時間 10:30~12:00
定員 100名  ※先着順に受け付け、定員に達し次第締め切ります。
受講料 1,500円 1,500円
申込期間 2024年2月29日 ~ 2024年5月22日
※申込期間後も定員に余裕がある場合は、受け付けますのでお問い合わせください。
会場 KUポートスクエア
教材 ※講師の判断により、講義内でプリントを配布することがございます

※ 受講料には、教材費(一部の講座を除く)及び消費税が含まれます。
※ 受講者区分 一般の方:一般の方 神奈川大学生・卒業生等神奈川大学生・卒業生等
※ 開講日程や時間は、講師の緊急な都合などにより変更する場合があります。
※ 定員に満たない場合は、開講できないことがあります。

内容

芸術を通してすべての人々が分け隔てなく交流し、誰もが感動を共有できる豊かな社会をつくるには、どのような音楽が相応しいのでしょうか。マス・メディアにおける音楽プロデュース法から、一人一人の障がいに向き合う個別研究まで、「だれでもピアノ®」(一本指で弾ける楽器)開発の事例を中心にインクルーシブアーツの可能性について考えます。

講座日程

開講月日 内容
第1回 2024/05/25 多くの音楽番組やコンサートの構成を担当する、横浜みなとみらいホール館長 新井鷗子氏が、音楽と社会をつなぐ方法を語ります。

講師紹介

新井 鷗子

横浜みなとみらいホール館長
東京藝術大学音楽学部楽理科および作曲科卒業。NHK教育番組の構成で国際エミー賞入選。これまでに「題名のない音楽会」「読響プレミア」「東急ジルベスターコンサート」「エンター・ザ・ミュージック」等の番組やコンサートの構成を数多く担当。東京藝大 COI拠点にて障がい者を支援する芸術の研究に取り組み、1本指で弾ける楽器「だれでもピアノ®」の開発に携わった。著書に「おはなしクラシック」(アルテスパブリッシング)、「頭のいい子が育つクラシック名曲」(新星出版)、「音楽家ものがたり」(音楽之友社)等。東京藝術大学客員教授、洗足学園音楽大学客員教授、東京大学「先端アートデザイン分野」アドバイザー。2020年より横浜みなとみらいホール館長。

※講師については都合により変更する場合があります

受付終了

<<講座一覧に戻る